読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MORE SIMPLIY

よりシンプルな暮らしへ

私みたいな将来が迷子の君にオススメ本。笑

なんか最近将来のことを考えすぎて

余裕ないな。笑

でもこれって自分にしか

わかんないんだよね。

てか、自分ですらわかんない。

どうしたいのか。

自分の頭の中でまとめようとしても

グルグルしてよく分かんなくなるし、

誰かに話しても所詮は他人だから

このままの安定な生活でいいじゃないか!って言われる。

自分の想いを書くノートに

いろいろ書いても、やっぱり漠然とした

"世界一周"しか書けないし。笑

(ちなみにこのノート半年前から使ってますが、その時々の感情が書いてあって読み返すとキモい。)

 

 

多分誰でも〜したい願望はあるけど、

世間体とか家族の幸せとか考えて

生きてる気がする。

 

 

最近いろいろな人に

今の仕事に満足してる?

とか

なんでもできるとしたら何がしたい?

とか

聞いてる。

 

 

 

やっぱりみんな、

〜が好き、でも!とか

〜がしたい、でも!があって

【でも】が邪魔しちゃうんだよね…

 

 

自分の人生だけど、自分だけの人生じゃない。

 

 

多分みんな想いがあるけど、

我慢してたり諦めてたりするのかなって。

 

 

私も全てのシガラミを取っ払って
何でもない自分になるのが
単純に怖いよね。

ホントに思う。

 

 

 

でも、そんなひとにこの本を

オススメします☝️

 

f:id:riiikkko:20160924125235j:image

 

【拒絶される恐怖を

克服するための100日計画】

 

 

今読んでる途中ですが

ここに書いてあった、

ブロニー・ウェアという

終末期医療に携わっている

オーストラリアの看護師の本

【死ぬ瞬間の5つの後悔】に載っていた

終末期患者の死ぬ瞬間の後悔で

もっとも多かった答えは、
『他人の思惑を気にせず、

自分に正直な人生を

生きる勇気をもっていたらと思う。』
だそうです。

 

これを読んだ著者は

自分の進む道は安定した仕事に

しがみつく生き方ではなく、

十代から描いていた起業家になる夢を

叶えるために仕事を捨ててアプリを

プログラミングをしたり、

自分の弱点である

拒絶される恐怖を克服するための

方法の動画を自分で考え、実践し

それを撮ってYouTubeにUPすることで

他の人の拒絶への恐怖を

克服させることができたりと

自分の弱みを潰すことで他人のためになっていて、自分の道が正しかったことに気づき、成長していく物語だった。

(まだ途中だけど。)

 

 

 

私もこの本を読み終えたときには

自分の中での何かが

変わればと強く願ってる。

本当は願うだけじゃだめ。

勇気がほしいよ〜!